お金借りれる口コミ

最終更新日 2016.10.10

必ず借りれる

借入審査を通過するための審査基準を把握する

消費者金融や金融会社でキャッシングをする場合、お金を貸す側は何を基準に審査をするのか、これを把握しておけば審査に落ちることはありません。審査のポイントは、仕事(収入、勤続年数)、現在の借入額(借金)、家屋などの保有不動産、家族構成、などが重要なポイントになります。また、過去に自己破産をされた方などはブラックリストに掲載されている可能性がありますので、気をつけて下さい。仕事をされていない、いわゆる「無職」の方は、審査に通りませんので、クレジットカードのショッピング枠で借り入れする以外にお金を借りる方法はありません。しかしこのクレジットカード現金化は金利が高いのであまりお奨め出来るようなものではありません。可能な限り、低金利のキャッシング会社でお金を借りるようにしたいものです。

 

消費者金融

金銭消費貸借契約

お金を他人に貸して利息を受け取るには、金銭消費貸借契約を締結しなくてはなりません。金銭消費賃借契約とは、貸す側が将来の弁済を約束し、貸主が借主へ金銭を交付した段階で有効に成立します。つまり契約を締結した段階で、貸主は借主から金利を受け取ることが可能ということです。但し、現在は総量規制の法改正により、上限金利は20.0%を決められています。これ以上の金利を取る行為は違法ということです。一昔前は大手消費者金融が28%もの高金利を設定していたのですが、今考えるとボロい商売だったと思います。

 

無人契約機について

アコムなどの貸金業者は全国に無人契約機を設置しています。atm端末に必要事項を記載して申し込むだけで審査を受けることが出来るシステムですが、実は数台のカメラで撮影されており、審査をする人間からは丸見えになっているのです。したがって、窓口審査と何ら変わるようなものでもなく、審査内容も同等といえるでしょう。今ではwebサイトから簡単に来店不要で申し込めますので、パソコンやスマホから申し込んだほうが簡単でいいでしょう。審査に落ちたとしても、ダメージは少ないと思います。

 

消費者金融

おまとめローンの活用

お金を借りると利息が付きますので、元金をなるべく早期に返済しなくてはなりません。毎月利息ばかり支払っていると、大変な損をしていることになります。もっとも、そういった利息のみ支払ってくれる顧客のほうが、金融会社にとっては上客ということになりますが。元金を減らすには、まず第一にお金の無駄を減らすことを考えましょう。少しでも無駄を省いて、お金が出て行くことを防ぐことです。そして、貯まったお金は少しでも元金の返済に充てることです。もしも複数の借入先がある場合は、おまとめローンなどを使って借入件数を減らす努力をしましょう。そうすることで、金利が安くなってその分、元金を返済出来ることになります。